レンタル彼女を利用していると、スタッフの女性と本当にお付き合いをしたいという気持ちになります。しかし相手は多くのお客様とデートをしているプロ。簡単には口説いて彼女にすることができない、と考えている方は多いのではないでしょうか。今回は、実際にレンタル彼女を口説く為の考え方とテクニックをご紹介します。

口説く前の心構え

レンタル彼女を口説く方法をご紹介する前に、まずは根本的な考え方についてお伝えします。

男性に口説かれ慣れている

レンタル彼女は、多くの男性に口説かれる経験をしています。人気女性であればあるほど、その競争倍率は高いです。しかし諦めてはいけません。基本的にレンタル彼女に言い寄ってくる男性は「本気で好きではない」もしくは「ただ好きな気持ちを押し付けている」の2パターンに分類されます。これらの男性との差別化は容易ですので、やり方次第で圧勝する事ができます。

短期戦は諦め、長期戦で

レンタル彼女と会うには、レンタル彼女サービスの利用料を支払う必要があります。その為、お金がもったいないという思いから、2~3回のデートで口説くという短期決戦型で挑む男性が多いです。これはどんなイケメンや高所得者でも失敗する方法なのですが、気が付かずにこの過ちをおかしてしまっている男性がほとんどです。最初から長期戦のつもりで挑むことによって、心に余裕が生まれます。口説かれ慣れている女性ほど、この「心の余裕」に気づき、その男性のことを魅力的に感じます。

同時進行で、違うレンタル彼女サービスを利用する

ひとつのレンタル彼女サービスで一人の女性にぞっこんになるのはNGです。違うレンタル彼女サービスやマッチングアプリを同時進行で利用する事をおすすめします。複数の女性とやり取りをすることによって心に余裕が生まれ、一人の女性にがっつきすぎて嫌われる、という事が無くなります。心に余裕が生まれると、それだけで女性からの評価が上がります。これは女性にモテる男性が自然と行っているテクニックです。複数の女性とやり取りを行うだけで、想像以上にモテるようになります。

信頼関係をつくる

レンタル彼女の女性が好きだからといって、1~2回目のデートで告白したりするのは絶対にNGです。思い切りよく切り出す事も重要ですが、まずはレンタル彼女との信頼関係を構築する事が重要です。この準備期間は、約2週間~3週間です。
レンタル彼女にアプローチするのは、この期間が過ぎてある程度の信頼関係を構築できたうえでの話となります。

関連記事:レンタル彼女で働く女性に好かれる方法

レンタル彼女と付き合う方法

連絡先を聞く

レンタル彼女の女性に、ラインの連絡先を聞きます。「連絡先教えてよ」とストレートな伝え方で大丈夫です。信頼関係がすでに構築させれているので、思っている以上に普通に教えてくれます。色々と理由をつけて連絡先を遠回りに聞き出そうとする方が、逆に下心が見え隠れしてしまい印象が悪いです。「次シフト入るとき教えてよ」などと言えると完璧です。女性が警戒するのは、レンタル彼女サービスを利用せずに会おうとする事です。実際に多くの男性が「できるだけコスパよく女性と遊ぶ」ために連絡先を聞こうとしてきます。レンタル彼女で働く女性はこのような誘いに飽き飽きしているので「この人、自分の都合しか考えていないな」というのがばれてしまいます。
連絡先を聞く際に注意すべき点は、アドレスが仕事用かプライベート用かを全く気にしてはいけないという事です。「プライベートの連絡先を教えてよ」と聞く男性が多いですが、これは余計なひと言です。ようはレンタル彼女と連絡を取り合うことができればよいので、プライベートでも仕事用でも気にしないでください。

ライン連絡は最低限に

ラインの連絡先を教えてもらうことができると、嬉してメッセージを送りすぎてしまいます。これは絶対にNGです。メッセージは、少なすぎるくらいが良いです。女性がデート中に「連絡をマメにくれる男性が好き」といっていたとしても、真に受けないでください。マメな連絡と、しつこい連絡は全くの別物です。はき違えないでください。
連絡先を教えてもらったら、デートをしたその日の夜に「今日はありがとう」といった内容の簡単なメッセージを送ってください。あれこれ質問したり誘ったりはしないでください。
女性からは確実に「こちらこそありがとう」といった内容のメッセージが返ってくるので、「また会いにいくね」で一旦やりとりを終了します。シンプルすぎるくらいが丁度よいです。
日常であった事の報告や、「今なにしてるの?」といった質問は絶対にしないでください。レンタル彼女などの仕事をしている女性には、大量のメッセージは逆効果です。相手から連絡してくる場合に返信する、といったスタンスを崩さないでください。