レンタル彼女で知り合った女性と本当に付き合う方法

レンタル彼女というサービスをご存知でしょうか?最近インターネットやテレビで取り上げられたことで一気に知名度を上げてきました。このサービスはいわゆる彼女代行のことですが、このサービスで出会った女性と付き合うことは出来るのか?付き合うために必要なことはなんなのか?というお話をしていきたいと思います。

レンタル彼女の概要

まず最初に料金と内容を確認します。

レンタル彼女業者にもよりますが、基本的には一時間5~6千円に交通費がプラスされるようです。

サービス内容としては、健全なデートを目的としているために、個室や自宅への出入りは出来なくなっています。

サービスの流れ

業者への予約が完了すると、女の子からメールが届きます。

そして待ち合わせ場所・時間やどこへ行くかなどの簡単な事前確認から始まります。

実際に会ってデート開始となります。

代金は最初にその場で支払う場合と、終了後に支払う場合があります。

なお、食事のためにレストランなどへ入った場合は、男性側が全額支払うことになっています。

レンタル彼女と付き合えるのか?

ハードルは極めて高い

ここまでは、レンタル彼女の簡単なサービス内容や概要を確認してきました。

レンタル彼女で働いている女の子もプロですから、そんなに簡単に恋に落ちることは少ないでしょう。

ただでさえ女性は警戒心があるのにレンタル彼女として派遣されていて見ず知らずの男性と過ごすわけですから、しぐさや表情では警戒心がないように見えても内心では相当構えていることが想像できます。

キャバクラでの例

会社の経営者の方は、プライベートや接待としてキャバクラなどを利用することがよくあります。

そして決まってお気に入りの女の子が存在して、仕事外のプライベートでも会っていたりします。

会社経営者の方は普通の人よりお金に余裕がある場合が多いので、お金で解決しているのでしょうか?

実は金銭的な問題ではなく、器の大きさにほれ込む女性が多いようです。

特に日常的に色々な人と会話をしているような女性は人を見抜く力に長けている場合が多いのです。

そして器の大きい男性は自然と女性を嫉妬させることも上手なものです。

特にキャバクラなどの指名制のクラブの場合特に計算しなくともたまに指名しないで、他の女の子を指名し盛大に楽しむ姿を見せることが実は多かったりします。

レンタル彼女と付き合う2つの方法

器の大きさ

これはレンタル彼女に限った話ではありませんが器の大きさを感じさせることが大事です。

しかしこれは考えて行動出来るものでもありません。

普段から人に対しての気遣いやおおらかな気持ちでいることが重要です。

レンタル彼女の料金体系から、最初はおおらかに対応していると高額になってしまうこともあるでしょう。

最初は勉強代だと思って、相手を楽しませることに全力を尽くすことが成功への近道です。

レンタル彼女のシステムからして、基本的には女の子から「~が食べたい」や「~に行きたい」などの本音は出さないでしょう。

そこを察して、本音を引き出すか欲望を満たしてあげることがポイントになってきます。

嫉妬心を煽る

ある程度仲良くなってきたら、キャバクラでの経営者の例のように嫉妬心を引き出すことが有効的です。

しかし、レンタル彼女では女の子スタッフの売上を左右するようなライバルが見えにくいのが難しいところです。

例えば、ある一定の頻度でレンタル彼女を利用しているのであればまた利用する約束をしてもドタキャンしてみたり、しばらく利用しないという作戦も有効です。

また、デート先でライバルを作る努力をすることも重要です。

仲の良い女性スタッフがいるカフェやレストランをあらかじめ用意しておいて、食事の注文時や会計時にわざと仲の良さを見せ付けるというような演出も有効的です。

さいごに

基本的に相手がどんな女性であっても付き合うことは可能です。

レンタル彼女という特殊な職業の女の子と付き合うには、必然的に時間とお金が掛かります。

今回ご紹介した2つの方法を実践して、徐々に仲良くなってみてはいかがでしょうか。