剛力彩芽主演のドラマ「レンタルの恋」で話題のレンタル彼女とは?

2017年1月19日から始まったドラマ「レンタルの恋」をご存知でしょうか?大学生の山田公介の元に日突如現れた中年の男性が置いていった謎の箱。その中から出てきた剛力彩芽さん演じる「レンタル彼女」高杉レミに恋する物語です。巷で流行っているレンタル彼女をテーマにした斬新な内容になっています。

「レンタルの恋」の概要

人気No.1レンタル彼女 高杉レミ

このドラマのメインテーマとなっているレンタル彼女の任務はレンタル時間内であれば、お客さんの要望に全て応えて必ず満足させるという人気NO.1のレンタル彼女なのです。
そしてこのドラマの面白い点はその斬新なテーマだけではなく設定にもあります。
剛力彩芽さんが演じる高杉レミは制限時間内では全力で相手を満足させます。
しかし制限時間が過ぎると急に笑わなくなり冷酷な一面を見せます。
また毎回デートのたびに衣装やコスプレが変化する点も見所の一つです。

レンタル彼女とは

サービス内容や料金

このドラマのテーマとなっているレンタル彼女ですが実は実在する職業なのです。
いわゆる彼女代行のことで費用としては一時間あたり5~6千円でその他に交通費やデート代が掛かります。
サービスはメールで待ち合わせなどのやり取りから始まりデートをしたりと本当のデートのようです。
そしてデートに掛かる食事代などは全額男性側負担となります。
レンタル彼女であるスタッフは大学生などの若い女性がほとんどで比較的可愛い子が多いのも特徴です。

レンタル彼女の需要

最近では経済的理由や様々な理由で結婚しない人が増えています。
そしてあまり外交的でない人などは女性と触れ合う機会が減っていることも事実で
世の中の独身の方々で恋人がいない比率は実は大変多く全体の約5~6割を占めます。
恋人や配偶者がいない場合収入における趣味や遊びに使える金額は比較的多くなります。
そのため恋人や配偶者はいらないけど気軽にデートしたいなと思った場合、レンタル彼女は少々値が張っても非常にお手軽で済みます。
また内向的で女性との関わりが少ない人でもレンタル彼女では基本的に相手は仕事です。プロ意識をもっており上手くリードしてくれますので、満足したデートをして過ごすことが出来ます。
そういった理由から、草食系男子の多い現代での日本では非常に需要があります。

レンタル彼女は原点回帰?

さてレンタル彼女の簡単なサービス内容をご理解頂けたと思います。
現代の様々な理由によって流行っているサービスではありますが、実はもう一つウケた理由があるのです。
それは、「男性を必ず立ててくれる」という事です。

現在では、女性は男性と同じくらい働く場所があり、経済的自立する人が激増しました。
今では、男女関係無く様々な場面で意見を言える世の中へと変わっていきました。

気の弱い優しい男性は、レンタル彼女を利用することによって、「男性を立ててくれる」レンタル彼女に癒されるのかもしれません。

さいごに

いかがだったでしょうか?
ドラマでも取り上げられるくらい有名になったレンタル彼女ですがとても現代の需要に応えたサービスであるといえます。
近い未来では東京でオリンピックも行われたくさんの外国人が来日することが予想できます。
かつて秋葉原のメイドカフェが世界で注目されたようにまた日本の独特なサービスとして注目されることでしょう。